2012年11月03日

forever ever ぱーと2

ZOZOの社長がツイッターで『やってしまった』件、
とんだうれしい余波が!!

11月1日から送料無料&ポイント10%還元だって。

送料無料は特にうれしくはないけど、だって毎回1万円以上で送料無料だし。。。
ただ、10%ポイント還元てヤバくない?!
2万円買えば2千円分のポイントだよん!

さっそくなんか買わなくちゃ、、。


はなしかわって、
先日予告していたYOU TUBEで見つけた名(迷)場面

【 検索してみてねん ♪ 】

堀ちえみ電撃引退直前の最後の生放送(だったはず)出演
ラストシングル『愛を今信じていたい』(1987年)at 夜のヒットスタジオ
作詞:秋元康   作曲:小室哲哉
事務所が最後のはなむけに、作家陣にお金かけたカンジ。
(ただ、秋元の書く詞って、そつないんだけど上っ面なカンジが否めないなぁ。)


当時は、『泣き虫のちえみが涙を必死にこらえて熱唱!さよならぁああ〜』
って思ってたけど、ちょっと事情が違うみたい、、、、。

知り合いのバーのマスターが若かりし頃バイトしていた新宿の某店(老舗)に
ちえみが飲みに来て、『わたしはホントはやめたくない!!唄いたい!!』
つって、カラオケで本人の代表曲『リボン』を熱唱したという逸話が、、。

そう、彼女が電撃引退した理由は『解雇』らしいんだよねん、、、。

作曲家の後藤次利との不倫騒動があり、その後破局、そして拒食症報道、、、
泣いて歌が唄えず、、、、みたいなことがあっての『引退』

事情を知ってしまうと、
ちえみの表情が、涙を必死にこらえるというより
ホリプロへの恨み節っつーか、怒りのようなものであふれているように見えてしまう。

そして、この映像の後半、な、なんと、
現後藤次利夫人の河合その子をカメラがぬくんだよね、、、、。

最後、ちえみがそでにはける際のスタジオ全体を包む微妙な空気、、、。

なにからなにまで完璧。



1本の映画を見るより濃厚な3分間をありがとう。



posted by M&M at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300134418

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。